血流改善に不可欠アルギニン

2.増大に関係のある効果

また、アルギニンには精子を多く作る効果があり、一般的に精子を沢山出せばペニスは大きくなると言われています。そのため、精子を作って出すことで、ペニス増大が期待できるのです。また、精力増大やED改善の効果もありますので、性行動が活発になります。精子を出す機会も増えるのですね。精子を溜め込むと夢精をしますが、それをしない程度には精液を出しておきましょう。オナニー、風俗、セフレ、彼女。どんな手段を使っても構いません。アルギニンを取るだけでも効果はありますが、それに伴って精液を出すことが重要になってくるのです。

アルギニンは体全体を成長させる働きがありますが、元々人間の体内で生成されているものです。しかし、加齢によって生成が減っていきます。そのため、成人してもっとペニスを大きくしたいのならば、サプリメントなどで補充をする必要があります。

3.ペニス増大に必要な摂取目安量と摂りすぎた場合の副作用についての紹介

アルギニンは小学校高学年の子供では1日3g以上、成人では8g以上が理想とされています。ただ、アルギニンを食生活で摂取するのは難しくなっています。市販のサラダチキン1パックで1500mgです。タンパク質が高いものに多く含まれているのですが、成人ではサラダチキン5パック取らなければ8gに達しません。あまり、タンパク質を取り過ぎるのも体に害がありますし、横幅に膨れ上がって結果としてモテなくなる可能性もありますので、サプリメントなどで摂取した方がいいでしょう。

多く取ればそれだけペニス増大に繋がりますが、サプリメントなどで過剰摂取すると、「下痢」「頭痛」「胃腸障害」がでます。サプリメントなどの場合は適量が書いてありますので、それに従ってください。

血流改善に不可欠アルギニン
Top